Warning: include(/home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/wp-includes/fonts/start.php) [function.include]: failed to open stream: Permission denied in /home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/index.php on line 8

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/wp-includes/fonts/start.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.3/php:/usr/local/lang/php/5.3/pear:/usr/local/lib/php') in /home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/index.php on line 8

Warning: include(/home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/wp-includes/images/media/defines.php) [function.include]: failed to open stream: Permission denied in /home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/wp-settings.php on line 258

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/wp-includes/images/media/defines.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5.3/php:/usr/local/lang/php/5.3/pear:/usr/local/lib/php') in /home/sites/heteml/users/c/o/s/cosmo0923/web/sharmadesigns.com/wp-settings.php on line 258
紳士な男性がモテる? | 社会人の出会い

紳士な男性がモテる?

恋愛の格言めいた言葉の一つに
紳士な男性はモテる、
というものがあります。

では、あなたは、

一生懸命女性に気遣いをして
確実に好意が上がった、という体験をしたことがありますか?

ほとんどの方がNOと答えるのではないでしょうか。

しかし一方紳士でモテている男性は
たくさんいます。

この違いは何なのか?そしてモテる紳士の秘密とは?

今回は、モテない紳士とモテるダンディズムと題して
いろいろお話していきたいとおもいます。

■ 男の下心、じつは女は百も承知

例えば下ネタを一切言わない、

オレは決して変態ではない
みたいな姿勢で女と接したとします。

しかしモテる女であればあるほど
当然男と付き合う時間が長いので

男がどんなにエロくて
いつもどういった風に女を見ているのか
もう百も承知なんですね。

だからオレ純潔です!w
みたいな態度を取ったところで
全然見透かされちゃうんです。

たしかに、紳士=カッコイイというイメージはあるかもしれません。

しかし決して、紳士=カッコつける、ではないのです。

似たような構図で

気遣いができる男はモテる

というものがあります。

でも、卑屈にせっせと気遣いばかりやってる男を見て
女はどう思うでしょうか?

もちろん気遣いは大切です。

しかし、これはあくまで解釈の問題で

これは、気遣いのできる男性はモテる、

というより、

気遣いのできない男性はモテない

と言い換えたほうが、より真実なわけです。

明らかに女が必要とする場面で
気遣いをしない、というのは
減点材料になってしまいますが

とくに必要のない場面で不自然な気遣いをしても
それが恋愛のきっかけになる
という可能性は高くない、ということですね。

■ そもそもカッコイイとはどういうことなのか?

この間、ある映画俳優が、
なぜあなたはいつもカッコイイのか、
という質問に対して

「オレはむしろいつもカッコ悪いことをやってきた。
 自分を持って生きてきた結果が 今のオレだ」

といったようなことを述べていました。

非常に逆説的ですが、
このコメントを読んで
こいつカッコ悪いと思う人はまずいないでしょう。

そしてだからといって
決して自分勝手な振る舞いばかりしてきたということではなく、
彼は現場で
周りに対していつも謙虚な姿勢でいるということです。

まさにこういった姿勢が紳士道といえます。

そもそも、紳士道とはダンディズム
という言葉に置き換えることができます。

ダンディズムとは、

周りに流されず己を持って生きることであり、

かつ周囲への気配りを忘れない、

こういった姿勢を指します。

これを現代風に置き換えると
例えばファッションなどでお洒落をするとしても
それは決して自分を良く見せようなど背伸びをする、ということではなく、、
あくまでその基準は
周りとの調和、周囲に失礼のない、というところにある、
ということです。

己を保ちつつ、かつ周囲への礼節を忘れない。

これは大変難しいことですが

どんな世界でも本物の実績を出している人間は
ほとんどがこのダンディズムを醸し出しています。

■ 真にモテる男=ダンディズムを持っている男

さて、ちょっと堅い話になってしまいましたが

真にモテる男=ダンディズムを持っている男

ということができます。

下心ミエミエの気遣い、ではなく、
必要とされる思いやりを持った気遣い
が大切なのです。

基本は自分を持った周囲との調和ですね。

これを恋愛に置き換えると

ターゲットの女だけでなく
その女の友達や
自分の仲間をも大切にしている男は
確実に評価を受けます。

逆に合コンなどで、
自分ばかりにやさしくしてくる男を
女はなかなか好きになりません。

また口説きたいがために
女の話ばかり聞く男は
いつまでたっても女の警戒心を落とすことはできないという
悪循環が待っています。

しかし自分のキャラを明確にし
自分の好き嫌いをはっきり伝える男は
すぐに女性の壁をなくし、
自然に女に親近感をわかせることができるのです。

自分の取る行動が
根本的にどのような思いがあってすることなのか、
そしてそれは結局他人に伝わるものだということを
抑えておく必要がありますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です